instagram

実績

鶴見の家

2022年 / KANAGAWA

新築

旗竿敷地に計画した3階建ての二世帯住宅。この敷地は、周囲を平家や2、3階建の住宅に囲まれていますが、2階レベルでは特定の方向に視線が抜け、3階まで上がると南東方向に鶴見の起伏のある地形と街並みを一望できるという、各層ごとに異なる体感が得られる環境です。
建物は、4間角の1辺を偏心した台形の平面形をしており、外壁の1辺を偏心することで通りに顔を出す佇まいとなり、門型のポーチから人々を建物内部に招き入れる構造になっています。また、建物は旗竿敷地の旗の部分のほぼ中央に配置されており、周囲に満遍なく空地を残して隣接する建物との間に十分な空きを確保しています。これにより、湿り気を感じていた敷地に風を導き、銀色の外壁に反射した光を拡散させ、その柔らかな光を室内に取り込むことが可能となりました。
1階の親世帯の生活空間には、以前からご近所関係のある隣地の庭と一続きとなる形で庭を配置し、まとまった空地を形成して安定した採光が得られるようにしました。子世帯の居住空間とサブの水回りを配置した2階では、袖壁で抱き込んだ彫りの深い窓を設けることで隣接する建物との見合いを避けながら、視線が抜ける特定の方向に大きく開いています。3階には2つの書斎と、その書斎を通り抜けた先にライブラリーを配置し、外部の生活空間となるルーフバルコニーも設けました。南東方向に設けたパノラマの窓からは、吹き抜け越しに鶴見の街並みを一望できます。
建物内部は3層を貫通する階段を家の中心に置き、その周りにさまざまな生活空間と大小の吹き抜けを配置する構成になっています。階段の上下動や留まる場所が変わることで、視界に入る風景が次々と変化します。階段や吹き抜け越しに、家の中の生活風景と外に広がる街の風景が重なり合い、家と街の内外を分け隔てなく感じることができます。子世帯夫妻は在宅で仕事をしており、日常の生活は住まいの2、3階で完結します。この新たな職住の場として、この場所の特性を活かした変化に富んだ生活空間を計画しました。
家全体の空間が緩やかにつながる計画のため、断熱気密処理と熱交換器を導入し、安定した温熱環境を実現しました。また、室内に生じる熱だまりを解消するため、季節ごとに換気方向を反転できるファンと空気循環用のダクトを壁面に組み込むことで、家全体の温熱環境を均一に保つ工夫をしています。

DATA

所在地
神奈川県横浜市
完成
2022年
構造・用途
木造・戸建住宅
工事種別
新築
床面積
135㎡
設計・施工
古谷野工務店
受賞
西川公朗
©koyanokoumuten. All Rights Reserved.